良い食生活が勃起不全予防

バランスの良い食生活が勃起不全予防

バランスの良い食生活が勃起不全、ED予防の第一歩

肉食の食生活より、魚や野菜を中心のバランスの良い食生活は勃起障害、ED予防に繋がります。

 

意外なのが過剰なエネルギーをとらないようにするというのも勃起障害、ED予防に繋がるのです。

 

どういう事かと言うと過剰なエネルギーを摂ることによりメタボリックシンドロームいわいる肥満となります。
食べ過ぎによる過剰な栄養や運動不足は内臓脂肪が蓄積してしまいます。
これにより動脈硬化性疾患、脳梗塞、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気のリスクをともなる事となるのです。

 

特に動脈硬化性疾患は勃起不全、勃起障害、EDの原因となる事が多いのです。
その動脈硬化性疾患を予防する事は勃起不全、勃起障害、EDの予防にも繋がります。
では具体的にどうしたら動脈硬化性疾患を予防出来るのか?と思いますよね?

 

食事を肉類を減らし、魚や野菜を増やす。・・・というのはもう分かっているかと思います。
特に魚や野菜の中心の食事が良いのです。
魚にはDHA=ドコサヘキサエン酸と言われる不飽和脂肪酸が多く含まれています。
この不飽和脂肪酸は血圧の低下や抗凝固作用があり。動脈硬化性疾患が発症しにくくなると言われているのです。

 

魚のDHA以外にはオリーブオイルなども、動脈硬化を防ぎ、冠動脈疾患のリスクを少なくすることが出来ると言われています。
オリーブオイルのような働きの物に、大豆タンパクがあります。
大豆タンパクは善玉コレステロール値を上げ悪玉コレステロール値を下げる働きがあるのです。その働きは動脈硬化性疾患を防ぐとされています。

 

動脈硬化性疾患を防ぐ事ができれば勃起不全、勃起障害、EDも防げるので食生活の改善はいろいろと多くの事に影響してきますね。

 

魚類、野菜、豆を意識し摂って特に抗酸化物質を多く含む野菜や食物繊維の多い食品は意識して摂るようにしましょう。

 

動脈硬化性疾患を予防し勃起不全、勃起障害、EDの予防に繋がります。

 

精力増強剤を食事の補助的に飲むのも効果的です


ホーム RSS購読